このページは管理者がメモとして残しています。その様な理由で他の方に読んで頂けるよう理解しやすくは作っておりせん。また、情報も最新の情報で無い場合もございます。予めご容赦下さい。

フォントファイルのインストール場所と検索順序

~/Library/Fonts(ユーザーのディレクトリ)
各ユーザーのフォントをインストールするためのフォルダ、検索順位は最も高い。そのホームフォルダを所有するユーザー以外は利用できず、フォントをインストール・アンインストールすることも出来ない。

/Library/Fonts (ローカルディレクトリ)
すべてのユーザーが利用可能なフォントをインストールするためのフォルダ。ただし、フォントのインストール・アンインストールは管理者権限を持つユーザーのみ許可されている。通常フォントを追加インストールする場合には、このフォルダを対象にする。

/Network/Library/Fonts(ネットワークディレクトリが存在すれば)
他のMacとネットワーク(Netinfo ドメイン)を構成する時、ネットワーク経由でログインしたユーザーと共有するフォントフォルダ。Netinfoを利用したネットワークを構築しない限り必要とされたいため、インストール直後の状態ではフォルダが作成されていない。

/System/Library/Fonts(システムディレクトリ)
MAC OSX標準のフォントがインストールされるフォルダ。System/Libraryフォルダの各サブフォルダ同様、Finderの操作では管理者権限を持つユーザーといえどもインストール・アンインストール出来ない。アプリケーションの動作に問題が生じるため内容を変更してはならない

Classicのシステムフォルダ
旧Mac OSのフォントフォルダもClassic環境が稼働しているかにかかわらずMacOSXのフォントフォルダとして使用される。ただし、OCFフォントや丸漢フォントなど、MacOSXが対応していないフォントについては無視される。旧MacOSでフォントスーツケースとして認識されていたTrueTypeフォントはそのまま利用できるが、Mac OSX版Finderからは通常のフォントファイルとして認識される。

使用できるフォントファイルのフォーマット

参考文献(大変勉強になり感謝申し上げます。)
技術評論社発行 MacOSX困った時に開く本 海上忍著
技術評論社発行 極めるMacOSX 新居雅行著

分類 フォント種別 拡張子
OpenType OpenType フォント  
PostScript PostScript(Type 1)フォント  
PostScript(CID)フォント  
TrueType Mac用 TrueType(フォントデータフォークスーツケース .dfont  .dfon
Windows TrueTypeフォント .ttf
Windows TrueTypeフォントコレクションファイル .ttc

(一部のWindows Fontは使用できない。)今後検証予定?

この記事を書いた人

岩野英穂
岩野英穂
スタジオ・イワノ 代表
・習志野商工会議所 会員
・船橋商工会議所 1号議員 サービス業部会 副部会長 広報委員会・情報化推進委員会所属
・千葉県吹奏楽連盟賛助会 会員
・習志野ロータリークラブ 会員