千葉県船橋市・習志野市・千葉市を中心にホームページ制作・更新・管理、チラシ、パンフレット、カタログ、会社案内、会報誌等のデザインDTP制作。それに伴うデザインの入稿データ作成のご用命を承っております。

個人情報保護法

個人情報保護法とは?

「個人情報保護法」の正式名称は「個人情報の保護に関する法律」で、平成17(2005)年に個人情報の有用性を配慮しながら、個人の権利や利益を保護する目的として施行されました。
5,000人を超える個人情報を取り扱う事業者は「個人情報取扱事業者」としての義務が課せられます。ただし、個人情報取扱事業者に該当しない場合でも、個人情報の取り扱いには十分注意する必要があります。

Webサイトでの対応

個人情報取扱事業者の義務としてすることは、サイト内に個人情報データの利用目的や苦情の申し立て先についてページを用意してすぐに見られるようにすることが必要です。
たとえ、保有する個人情報データが5,000人以下で個人情報取扱事業者には該当しない場合でも、お問い合わせフォームなどで個人情報を入力する機能が有る場合には、個人情報保護方針について記載したページが有ることによってユーザーに安心して頂けます。
個人情報保護方針と同じような言葉にプライバシーポリシーがありますが、どちらも同じ意味で使われています。

どの様な項目を記載する必要がありますか?

  1. 事業者の名称
  2. 個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先
  3. 個人情報の利用目的
  4. 個人情報を第三者に提供することが予定される場合の事項
  5. 個人情報の取扱いの委託を行うことが予定される場合には、その旨
  6. 開示等の本人の権利請求の求めに応じる旨及び問合せ窓口
  7. 本人が個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果
  8. 本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得する場合には、その旨

まとめ

「個人情報保護方針」は、事業者が、個人情報の取り扱いに関して、そこに書いてあることを対外的に約束して実行することが大切です。個人情報保護方針のページがサイト内に有れば良いということではありません。
決して絵に書いた餅の様にならないように注意して下さい。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
あなたのIPアドレスは【54.147.40.153】 あなたのホスト名は【 ec2-54-147-40-153.compute-1.amazonaws.com】