YouTubeに動画を編集する際に、画面サイズを設定する際にどのサイズで選択すればよいのか決める必要があります。
まずはじめに考えたいのは、ユーザにとって見やすい最適な画像サイズと解像度を知る必要があります。

YouTube公式に推奨されているアスペクト比(画面や画像の縦横の比率)は16:9です。
これ以外のサイズでもユーザーの環境に合わせて自動的に画面が調整されます。

YouTube公式サイトでは推奨される解像度とアスペクト比について以下のように説明されています。

アスペクト比がデフォルトの 16:9 の場合、以下の解像度でエンコードしてください。

  • 2160p: 3840×2160
  • 1440p: 2560×1440
  • 1080p: 1920×1080
  • 720p: 1280×720
  • 480p: 854×480
  • 360p: 640×360
  • 240p: 426×240

スタンダード アスペクト比(4:3)

  • 320×240
  • 384×288
  • 448×336
  • 512×384
  • 576×432
  • 640×480(主流)
  • 704×528
  • 768×576
  • 832×624
  • 896×672
  • 960×720

スタンダードサイズ(14:3)は、主にプレゼンテーションや会議でプロジェクターを使用して発表する際に多く利用されます。

ワイド アスペクト比(16:9)

  • 256×144
  • 512×288
  • 768×432
  • 1024×576
  • 1280×720(主流)
  • 1536×864
  • 1792×1008
  • 1920×1080(フルHD)
  • 2048×1152
  • 2304×1296
  • 2560×1440

【注意】
4:3の動画の場合は左右に黒背景が追加されて調整されます。

ワイドサイズ(16:9)はホームシアターなどでDVD・ブルーレイなどで映画を観たり、ホームビデオやスポーツ観戦など臨場感ある映像を楽しむ時に利用されます。

ここからはおまけです。

どんな比率があるのか調べてみると次の通りです。

3:2 カメラで使われている比率
4:3 アナログテレビやPCのディスプレイで使われている比率
16:9 デジタルテレビやYoutube等で使われている比率
1:1.618 黄金比(名刺やカード等)、パルテノン神殿建設時に用いたと言われている
1:1.414 白銀比 紙の寸法や、法隆寺の金堂や五重の塔に用いたと言われている(大和比とも呼ばれる)

最後に、このアスペクト比の求め方について詳しく知りたい方は下記URLを覗いてみてください。
勉強にもなりますし、便利なツールもありますよ。

アスペクト比を求める計算式
https://tech.arc-one.jp/asepct-ratio
横幅を入力するだけで簡単に計測できる「webデザイナ向けアレコレ計算式、略してweb計。」
https://zeller-lab.com/img-width/
アスペクト比を計算するツール
https://aspect.arc-one.jp/


広告

Follow me!

この記事を書いた人

岩野英穂
スタジオ・イワノ 代表
・習志野商工会議所 会員
・船橋商工会議所 1号議員 サービス業部会 副部会長 広報委員会・情報化推進委員会所属
・千葉県吹奏楽連盟賛助会 会員
・習志野ロータリークラブ 会員